製品の安全性について

クライアントの提供する製品は全てクライアントの母国の市場で一般消費者に対して販売されている製品です。

MTestJapanでは製品の生産国が先進国で、日本製品と比べても安全であるよう全力を尽くしています。

例えばMTestの最初の契約国はオーストラリアで、商品サンプル評価のために商品を提供している企業はオーストラリアの市場ですでに同製品を販売しています。

なお、MTestは商品サンプルの使用によって引き起こされたアレルギーやその他の問題について責任を負いません。

商品サンプル評価のパネリストとして参加する場合は、現時点で日本の安全基準に合っていない輸入製品を使用するリスクについて了承することが必要です。

このリスクは非常に低いと考えますがゼロではありません。